東京大学日本語教育センター|Center for Japanese Language Education,the University of Tokyo

一般日本語コース よくある質問〈FAQ集〉

「一般日本語コース」へ戻る

申し込みについて

  • 申し込み期間に東京にいられないのですが。
  • 所定期間内に代理人が申し込むことができます。
  • 研究者ですが、受け入れ教員が申し込み期間中不在です。受け入れ教員による「受講願」はなくてもいいですか。
  • 研究者の場合、この書類は必ず提出してください。受け入れ教員が申し込み期間中に不在の場合は、事前に書いておいていただくか、それもできないなら、事前に受け入れ教員の了解を得た上で、受け入れ教員に代わる教員(秘書や事務職員ではなく、教員であること)に、代わりに書いていただくようにしてください。なお、受講願の様式は、ダウンロードできます。
  • 配偶者の申し込みをしたいのですが、結婚したばかりで、何も証明するものがありません。どうすればいいですか。
  • 奥さん・ご主人あての郵便物など、あなたと同じ住所に住んでいることがわかるようなものがあれば結構です。また、日本での証明がない場合は、自国での結婚証明書(お二人の名前と写真がついたもの)を持ってきてください。名前しか書かれていない場合は、パスポートなどの写真の付いた身分証明書もいっしょに持ってきてください。
  • 妻・夫の受講申し込みをしたいのですが、来日が少し遅れます。後から申し込めますか。
  • 申し込み期間後は申し込むことができません。申し込み期間中にあなたが奥さん・ご主人の代わりに申し込んでください。ただし、本人が5回目の授業までに参加できることが条件です 。
  • 専門の授業の予定がまだ決まっていません。決まってから申し込めますか
  • 申し込み期間中に申し込んでください。授業と重なった場合は、日本語コースを辞退してください。
  • 来日したばかりで、大学の身分証明書(学生証)がまだありません。他の書類でかわりになりますか。
  • 自分が所属する研究科の事務室で、在籍証明書を発行してもらい、それを持ってきてください。

このページのトップへ

授業内容について

  • 日本語能力試験の準備ができるクラスはありますか。
  • 日本語能力試験の準備に特化したクラスはありません。
  • 宿題はありますか。
  • このコースでは、特に宿題は課していません。しかし、学習の効果を上げるために、 予習・復習はできるだけしてクラスに臨むことをおすすめします。

このページのトップへ

教科書について

  • 教科書はどこで買えますか。
  • 生協(第二食堂の1F)で買えます。そのほか、大きい書店で買える場合もあります。

このページのトップへ

出席について

  • 週3回のうち、専門の授業の都合で2回しか出席できませんが、大丈夫でしょうか。
  • 3回とも出るのが原則です。週1日でも休んでしまうと、授業についてこられなくなる可能性があります。休んだ分のケアはできません。この点をよく考えて申し込んでください。
  • 先学期、前半だけ出席して、後半は欠席しました。今学期は、後半だけ出席したいんですが。
  • コースのはじめから出席してください。学期を通して出席するのが原則です。 なお、レベル4以上は、今学期は、先学期と違う内容を勉強します。
  • 最初の1か月出られないのですが、申し込めますか。
  • 5回目の授業までに参加できる場合は申し込めます。それができない場合は、次の学期に申し込んでください。

このページのトップへ

レベルについて

  • 自分のレベルがわかりません。どうしたらいいですか。
  • レベルチェックを受けてください。次のwebページで受けることができます。(日本語版英語版
  • 国では教科書で独学したので、読むことはできますが、話すこと、聞くことは苦手です。
  • レベルチェックをして、そこで判定されたクラスの一つ下のクラスを受けることをおすすめします。
  • 日本語能力試験(1・2・3・4級)をもっています。どのクラスに申し込めばいいですか。
  • レベルチェックを受けてください。
  • クラスがはじまってからクラスを変えることができますか。
  • クラスのレベルが合わないと感じた場合は、期日までに担当教員に知らせてください(期日はクラスでお知らせします)。審査を経て、他のレベルへの変更を許可する場合があります(ただし、移動希望先の人数が多い場合など、変更が認められない場合もあります)。クラスの移動は勝手にしないでください。
  • レベルチェックを受けたら、先学期受講したレベルをまた判定されてしまいました。また同じレベルを勉強するのはつまらないと思うんですが。
  • レベルチェックの結果、前の学期と同じレベルと判定されたら、もう1度同じレベルで勉強してから次のレベルに進むことをおすすめします。連続して同じレベルを受講する学習者のために、レベル3, 4, 5では、夏学期と冬学期で教材を 変えるなどしています。

このページのトップへ