東京大学日本語教育センター|Center for Japanese Language Education,the University of Tokyo

集中日本語コース

 

「日本語コース案内」へ戻る

 

 

概要

 

1学期間、集中的に日本語を学ぼうと考えている留学生のためのコースです。

レベルによって週あたりの学習時間は異なります(12コマ~4コマ、各100分)が、それぞれ「話す・聞く・読む・書く」の4技能がバランスよく伸ばせるような学習内容の構成になっており、10人程度の少人数制クラスで、短期間での上達を目指します。

 

この目的のためには、何よりも授業へのコンスタントな出席が不可欠であるほか、毎日課される宿題や、予習・復習のための時間を確保することも必要ですので、集中日本語コースの受講については、指導教員の先生とよく相談して決めてください。学期中に、一時帰国、調査旅行などを予定している場合や、研究活動や入学試験の準備に相応の時間が必要な場合には、〈集中日本語コース〉ではなく、〈一般日本語コース〉の受講をおすすめします。

 

なお、〈集中日本語コース〉の受講は、原則的に、在学中1回に限られますので、その後は〈一般日本語コース〉等を利用して学習を続けてください。

 

 

 

 

このページのトップへ

 

 

対象者

 

東京大学の留学生(大学院生、研究生)    *選考があります。

 

 

このページのトップへ

 

 

選考(受講前テスト)

  

受講者は、日本語教育センターで実施される「集中日本語コース選考テスト」により決定します。

受講希望者は、事前に各研究科事務室で申し込みをした上で、指定された日時に、筆記試験と面接試験を必ず受けてください。

受講が許可された場合の受講クラス(レベル)は、テストの結果で決定され、自分で選ぶことはできません。

 

 

このページのトップへ

 

 

今期の開講期間・時間割・教科書

 

2017年度 10月コースの情報は、次を見てください。 

 


 

 

このページのトップへ

 

 

 

申し込みについて  

 

集中日本語コースの受講を希望する人は、指導教員のサインを添えて、所定の期間に必ず申し込んでください。


        [ 申し込み期間 ]  4月コースは4月上旬の、10月コースは9月下旬から10月上旬の決められた期間

 

        [ 受講申込書の入手、および、申し込みの場所 ]  各所属研究科事務室

 

*申し込み方法の詳細、選考テストの日程などの情報も、所定の期間に研究科事務室でもらってください。 


*受講するためには、日本語教育センターで行う選考テスト(筆記・面接)を必ず受験する必要があります。受験しない場合は、理由にかかわらず、本コースを受講できない結果となりますので、十分注意してください。

 

   
   
       
       

 

このページのトップへ

 

 

その他

 

 

(注)出席についての注意 

コース受講者全体の学習効果を確保するために、出席状況や課題の提出が悪い方には、学期途中でも、コース変更をお願いすることがあります。あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

このページのトップへ