東京大学日本語教育センター|Center for Japanese Language Education,the University of Tokyo

日本語って、どんな言葉?

「日本語学習入門」へ戻る

まず、日本語を全く知らない読者を想定して、日本語の文法の簡単な紹介をしましょう。日本語で特に大事なのは、助詞と動詞です。

1.日本語の文の基本的な仕組み;SOVで、助詞が重要な言語

はじめに、日本語の簡単な文を1つ見てみましょう。

(1) 田中さんはお茶を飲みました。(Tanaka drank tea.)

この文は「田中さんは」「お茶を」「飲みました」と、3つの部分に分かれます。「田中さんは」のうち、「田中さん」は名詞で、人の名前です(「田中」がfamily name、「さん」はMr.やMs.にあたる言葉です)。「は」は助詞particleと呼ばれるものです。「お茶を」のうち、「お茶」は名詞で、teaです。「を」は助詞です。そして「飲みました」がdrinkにあたる動詞の過去形です。

主語・目的語・動詞の順に言葉が並んでいますね。そうです、日本語の基本語順はSOVなのです。

助詞の「は」「を」は、何のために付いているのでしょうか。「を」のほうから説明しましょう。簡単にいえば、「を」は「目的語のしるし」object markerです。「を」の前の「お茶」が目的語であることを示します。「は」は「主語のしるし」subject markerです(と、この段階では説明しておきましょう)。

ついでに、次の文も見てください。

(2) 田中さんは佐藤さんとお茶を飲みました。(Tanaka drank tea with Sato.)

(2)を(1)と比べると、「佐藤さんと」という部分が増えていますね。「佐藤さん」は人名、「と」は助詞で、英語でいえばwithのような意味をあらわします。「佐藤さんと」で“with Sato”です。

(3)田中さんはきっさてんでお茶を飲みました。(Tanaka drank tea at a coffeeshop.)

(3)では、(1)に比べて「きっさてんで」が増えています。「きっさてん」は名詞でcoffeeshop、「で」が助詞で、atのような意味です。

(2)(3)を合わせて、次のように言うこともできます。

(4)田中さんは佐藤さんときっさてんでお茶を飲みました。(Tanaka drank tea at a coffeeshop with Sato.)

このように、《「名詞+助詞」がいくつか並んで、最後に動詞が来る》というのが、日本語の文の基本的な仕組みです。助詞は、その名詞の、文の中での役割を示します。「田中さん」は主語、「お茶」は目的語、「佐藤さん」は行為のパートナー、「きっさてん」は行為が行われる場所ですね。これが、それぞれの名詞の「役割」ということです。その名詞が文の中でどんな役割を果たしているのかを、名詞の後の助詞が示すわけです。

今述べたような名詞の「役割」は、どの言語でも、何らかの方法で示しています。英語や中国語では、どうしているでしょうか。主語や目的語については語順であらわし、その他の「役割」の名詞については、前置詞でそれをあらわしています。これに対して、日本語では、どの名詞の後にも助詞が付いて、その役割を示すわけです。前置詞prepositionに対して、名詞の後に付く日本語の助詞を後置詞postpositionと呼ぶことがあります。

ついでにいえば、名詞は漢字で書くことが多いのですが、助詞は必ずひらがなで書かれます。漢字の後のひらがなが大事な文法的情報をあらわすのだと、まず認識してください。

以上が、日本語の文の仕組みの要点です。SOVとか後置詞とか、変わった言葉だなあと思う人もいるかもしれませんね。しかし、決して変わった言葉ではありません。実は、世界の言語の中で、SOVの言語は半数近くを占めるという報告があります。英語・中国語・ロシア語……と、たまたま有力な言語のほとんどがSVOなので、SOVが珍しく感じられてしまいやすいのですが、世界的なレベルで統計的に見れば、SOV言語はいわば二大勢力のうちの一つなのです。

また、基本語順がSVOなら前置詞が使われやすく、SOVなら後置詞が使われやすいという傾向も、一般言語学的に指摘されています。つまり、世界の言語の代表的な2つのタイプとして「SVO,前置詞」型と「SOV,後置詞」型とがあり、日本語は韓国語やトルコ語とともに後者のタイプに属するのです。決して変わった言葉ではなく、「もう一つのタイプ」なのです。母語が「SVO,前置詞」型である人にとっては、ちょっと大変かもしれませんが、全く新しい言語世界が広がるという意味で、日本語の学習はとても豊かな体験になることでしょう。

さて、日本語はこのような言語ですから、助詞はとても大事です。個々の助詞について、たとえば「と」はこういうときに使う、「で」はこういうときに使う……といったことは、かなり一般化して捉えることができるので、初級の段階から、かなりしっかり身につけることができますし、また、そうしていく必要があります。ただ、一般的なルールだけでは捉えきれない部分もあります。それは、たとえば英語の前置詞についても、外国人にとっては、どうしてここがonではなくてinなのだろうといったことが時々あるのと同じようなものです。助詞に限りませんが、《一般的なルール・傾向》と《個別的に覚えなければならない部分》とを、賢く習得して行ってください。 なお、助詞には、名詞の後に付くものだけでなく、ほかにも、いくつかの種類があります。

たとえば、日本語の疑問文は、語順を変えたりせずに、

(5)田中さんはお茶を飲みましたか。(Did Tanaka drink tea?)

のように文末に「か」を付けて作るのですが(簡単ですね)、この「か」も助詞の一種で、「文末助詞」sentence particleと呼ばれています。

2.動詞の後にさまざまな要素が付く言語

助詞とともに、動詞も重要です。もちろん、どの言語でも動詞は文の中心というべきものですが、日本語の場合、特に重要なのは、動詞の後にさまざまな要素が付くからです。先程の「飲みました」も、実は、基の形は「飲む」drinkで、これに「ました」という要素が付いています(「飲むnomu」の最後のuは「ました」の前でiに変わります)。「ました」は、さらに分析すると、politeに述べることをあらわす要素(これについては、何回か後で述べます)と、過去をあらわす要素とからできています。

同じ「飲む」から作られるさまざまな形をいくつかあげてみましょう。まず、たとえば「飲まない」(「ない」が否定をあらわす)、「飲んだ」(「だ」が過去をあらわす)、「飲んでいる」(「でいる」が進行をあらわす)などのように、否定や時制をあらわす要素が付きます。さらに、たとえば「可能」「使役」「受身」「モダリティ(英語でいえば、may,must,let's……などのような意味)」をあらわす要素も、動詞の後に付きます。「飲める」(可能)、「飲ませる」(使役)、「飲まれる」(受身)、「飲むだろう」(推量)、「飲もう」(意志)などのようにです。英語では、動詞の後に付くのは、-ed,-ing,-sだけで、not,can,mayなどは、動詞とは別のところに置かれますね。日本語では、それらがすべて動詞の後に付くのです。

当然、それらが2つ以上重なって付くこともあります。たとえば、「飲まされなかったはずだ」という場合、「飲む」の後に使役・受身・否定・過去・モダリティと、5つもの要素が付いています。このようなタイプの言語は膠着語agglutinative languageと呼ばれます。日本語は典型的な膠着語です(この点も、韓国語やトルコ語と同じです)。なお、2つ以上の要素が重なって付く場合、その順序にはある程度のきまりがあります。 このように、動詞の後にさまざまな要素が付くのが日本語の特徴です。これらの要素まで含めた全体を動詞と捉えるとすれば、日本語の動詞は、とても豊かな情報を持ち、また、まことにさまざまな形に変化することになります。

そこで、日本語を習得する上では、このように動詞のさまざまな変化形をしっかり身につけて、すらすらと使えるようにしていくことが、とても大切な一面になります。大変そうに思えるかもしれませんがルールをしっかりおさえて追っていけば、大丈夫です。これについては次のページ「動詞とその活用」で詳しく述べましょう。 なお、動詞が文末に置かれる上、その動詞にいろいろな情報が付け加えられるので、日本語の文は最後まで聞かなければ重要な情報がつかめない-肯定か否定か、ということさえわからない-、ということにもなります。この点は不便といえば不便ですが、これを補うために、前もって文末を予告する機能を果たす副詞もいろいろ発達しているので、実際にはそれほど不便でもありません。このことも付け加えておきたいと思います。

3.語順の自由度が高い言語

先程、日本語の基本語順はSOVだと述べましたが、最も大事な点は《動詞を最後に置く》という点です。これさえ守れば、実は、これ以外の点では日本語の語順はかなり自由で、主語を目的語より後にまわすことなども可能です。

なぜでしょうか。まず、今見たように、動詞の部分がいろいろな情報を取り込んでしまうため、文全体の構造としては(単文の場合ですが)、動詞以外は「名詞+助詞」(および副詞)がいくつかあるだけという、すっきりしたものになります。その上で、それぞれの名詞には、その役割を示す助詞が付いているわけですから、「名詞+助詞」をセットにして動かしさえすれば、語順を変えても、情報は失われないわけです。 そこで、日本語では語順の自由度がかなり高いのですが、それだけにまた、助詞は一層大事だということにもなります。

なお、語順の自由度が高いとはいっても、一般的には《主語を文頭に、目的語を動詞の直前に》という語順が最も自然なので、初めのうちは、やはり、この語順で練習することをすすめます。

4.わかっている名詞+助詞は述べなくてよい言語

(6) あなたはいつ大使館へ行きますか。(When will you go to the embassy? )
(7) わたしはあした大使館へ行きます。(I'll go to the embasy tomorrow.)

というようなやりとりが、伝統的な日本語の初級教科書にはよく出てきます(「あなた」はyou、「いつ」はwhen、「大使館」はembassy、「へ」は助詞でtoの意味、「行きます」はgo;「わたし」は、「あした」はtomorrowです)。しかし、実は、日本語では、

(6') いつ大使館へ行きますか。
(7') あした行きます。

というやりとりのほうが、ずっと自然です。日本語は、わかっている名詞(+助詞)は、主語であっても述べなくてよい言語なのです。このことにも、ぜひ触れておきましょう。 伝統的な日本語教育が「完全な文」を示すのは「文型(構文)」を学習者の頭に入れるためで、これは語学教育の大事な要素ではあるのですが、行き過ぎると不自然なことにもなりかねません。「文型(構文)」の知識を確実に習得して体系的な理解を深めていくことと、自然なコミュニケーションの力を高めること。日本語の学習にあたっては両方とも大切です。もちろん、私たち日本語教育センターの日本語教育は、この両方に配慮しています。

大事な点のまとめ : 日本語学習へのアドバイス(1)
日本語では、助詞と動詞が特に大事。
1. 名詞の後の助詞が、名詞の役割をあらわす。
田中さんは佐藤さんときっさてんでお茶を飲みました。
2. 動詞は文末にあって、肯定・否定や時制などの情報を含む。
飲みます(現在・肯定)
飲みません(現在・否定)
飲みました(過去・肯定)
飲みませんでした(過去・否定)

(以上は、「東京大学日本語教育センター・ニュース」33号に掲載の菊地康人〈本センター教授〉「日本語の特徴を知って効果的に勉強しよう(1) 日本語って、どんな言葉?」とほぼ同じ内容です。)

このページのトップへ